*

陰茎をソーダ水(炭酸水)につけると性力が増強できる

公開日: : 最終更新日:2017/02/12 EDの原因と対策, 性力アップのために

takigutihikari10

陰茎血管の拡張力を高めることに役立つ

日比谷クリニック名誉院長の山中秀男先生はこれまで、さまざまな性力増強法を皆さんに提案してきました。性力を高めるための手段は、オーソドックスなものから、ある意味奇抜な方法までありますが、今回は、ちょっと変わった方法を紹介してみることにしましょう。

それは、陰茎をソーダ水(炭酸水)につけるという方法です。そんなことで性力が増強できるのかと疑問にお思いのかたも多いことでしょう。そこで、なぜソーダ水に陰茎をつけるのがいいのか、その理由を説明しましょう。

そこで陰茎をソーダ水につけると、どうなるでしょうか。試してみると、冷たさと、炭酸のシュワシュワした泡の刺激を受けます。特に泡によって、亀頭に密集した触点が刺激されて、勃起反射が生じ、勃起が起こります。

この際、萎縮する傾向にあった陰茎の血管が、勃起反射という予想外の拡張によりこじ開けられます。これが、陰茎の血管運動神経の訓練になるのです。

PDE5の働きが活発になると勃起が起こりにくくなる

また、性的な刺激を受けたときには、サイクリックGMPという物質が産生され、これが血管を拡張することで勃起します。

このサイクリックGMPの働きを阻害するのがPDE5という物質です。これによってサイクリックGMPの働きが阻害されると、陰茎は充血やうっ血が起こらなくなって萎縮します。

本来は、この両者がバランスよく働くことによって、自然な勃起が起こり、しだいに射精に至るということになります。ところが、なんらかの原因でPDE5の働きが活発になると、勃起が起こりにくくなります。

これが、ED(勃起不全)という現象です。ちなみに、このPDE5の働きを阻害することで、勃起を促すのが、バイアグラやレビトラという薬剤です。

→ソーダ水に陰茎をつけて勃起を起こさせる

 

関連記事

前立腺肥大がひどくなるとEDも悪化する

前立腺肥大症になっているおそれが この記事をご覧になっている男性の皆さん、次のような症状に心当

記事を読む

ブラジル産の4種類の植物成分からなる「おじさん元気食品」が注目されている

男にも更年期はある 更年期というのは、性成熟期から老年期への移行期間を指します。この時期には、

記事を読む

EDになっても射精は出来る?

射精には必ずしも勃起が必要ではない どうしても勃起したい人に向けてさまぎまな「兵器」を紹介して

記事を読む

セックスレスは、日本の国民病

世界的に見て珍しい セックスレスは、日本の国民病ともいえます。特に、中高年の夫婦間におけるセッ

記事を読む

うつによる性欲減退を解消させるために積極的にセックスをしよう

性力を維持し続けることがうつの克服や予防に役立つ バイアグラを買い求めるのは、中高年以降のかた

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑