*

亀頭が敏感すぎると早漏になってしまう

公開日: : 性力アップのために

takasaki226

勃起時に比べると萎縮時は3倍も感覚が敏感

人体の皮膚の表面には、熱を感じる温点、冷たさを感じる冷点、痛みを感じる痛点、さわったことを感じる触点という4種類の感覚点が存在します。

この4つの感覚点は、それぞれ独立して点在分布しています。それぞれが反応し、その刺激を脳の中枢に伝えます。

ところが、陰茎の感覚点分布は、人体のほかの場所とはかなり違っています。これは、陰茎が2つの使用目的で使われるためです。すなわち、1つが放尿であり、1つが性交です。

性交時の陰茎が勃起した状態では、放尿時の萎縮した状態と比べると、陰茎の表面積は約3倍にもなります。萎縮しているときの感覚点の分布の度合いと比べると、勃起時は表面積が広がりますから、相対的に感覚は3分の1に低下します。逆にいえば、勃起時に比べると、萎縮時は3倍も感覚が敏感になってしまい、非常に困るわけです。

亀頭は接触刺激にとても敏感

しかし、体というのは、よく考えられてできています。陰茎は、感覚点の分布がほかとは違うのです。陰茎先端部の亀頭以外の茎部は、4大感覚点がきちんと存在しますが、体のほかの平均的な感覚点の分布と比較すると、皮膚の表面からやや深い位置にあるのです。

このため、萎縮時にも感覚が敏感になりすぎません。それどころか、感覚点が深いところにあるために意外に鈍感であるといってもよいのです。

そして、勃起すると、感覚点が陰茎の表面に出てくるため、敏感になるのです。しかも、亀頭部には温点が全くなく、その分触点が大変密に存在します。こういう作りであるため、亀頭は接触刺激にとても敏感ということになります。早漏ぎみのかたは、この触点が多すぎるといってもよいでしょう。

関連記事

うつによる性欲減退を解消させるために積極的にセックスをしよう

性力を維持し続けることがうつの克服や予防に役立つ バイアグラを買い求めるのは、中高年以降のかた

記事を読む

イラストレーターのみうらじゅんおすすめのテクは「クンニ」

「死ぬまでセックス」できるのか? 無理に挿入しなくてもいいんじゃないでしょうか。 むろん

記事を読む

熟女ブームで脚光を浴びたタレント藤田紀子さんの若さを保つ秘訣

「一緒にいる人を心地よくしたい」という思い ある若手お笑い芸人のかたとの仲が、テレビなどで取り

記事を読む

男性ホルモンの数はなぜ減少するのでしょう

ストレスに侵される現代の日本男児 男性ホルモン・テストステロン量は20歳代をピークに減少してい

記事を読む

男性が考え方を少し変えるだけで、女性は大きく変わる

中高年向けの新しい性に対する提案 最近、週刊誌などで、中高年のかたにセックスを奨励する記事が目

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑