*

漢方で男性力をアップ

公開日: : 性力アップのために

sugawara24

できることなら射精はしない

漢方とひとことでいっても、漢方薬や鍼、灸、薬膳というように、いろいろな分野があります。なかには、性交によって人の体を丈夫にする房中術(寝室の中のノウハウ)というものまであります。

この房中術は、日本で初めての医学書『医心方』にも、くわしく述べられています。そのなかから、精力が衰えてきたという人のために、とっておきの強精法を紹介しましょう。

房中術では、「精液は貴重な宝」とされています。できることなら射精はしないで、その寸前で止めます。すると、体に多くの益があるというのです。

「一たび感じても射精をしなければ、気力が強くなり、二たび感じてしなければ、耳も目もハッキリする。三たび感じてしなければ、諸所の病気が消えてなくなる、…九たび感じてしなければ、寿命がきてもなお生きる力を得、十たび感じてしなければ、神仙に通ずる」

などとあり、性交中に射精をコントロールすることは、体を元気にする修行の一つなのです。

また射精するときも、精液を出しつくさないように下半身にグッと力を入れて射精の量を最少限にとどめれば、再び硬くすることも容易だといいます。

同様に江戸時代の儒学者で、本草学者でもある貝原益軒の『養生訓』という本にも、「異性といても、接してもらさず」とあります。これは、性交をしても、房中術と同じように精液の放出を最少限にすることで、体力を高めることができるという意味です。

関連記事

使えば使うほど、性機能の低下を遅らせることができる

性力の廃用性萎縮 年を取るにつれて、体の機能は徐々に衰えて行きます。しかも、使っていない体の機

記事を読む

前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

1日に8回以上排尿する人は要注意! 中高年以降の男性の皆さんにとって、「前立腺肥大症」という病

記事を読む

セックスで大事なのはテクニックより言葉

気持ちよさを決めるのは性器ではなく脳 セックスの話題になると、どうしても関心はテクニックに向い

記事を読む

勃起や射精がダメでもあきらめない

回数を重ねるうちに復活する人も カリスマソープ嬢の愛花氏は、多くのEDの男性を接客してきました

記事を読む

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がりの線のように、年齢とともに落ち

記事を読む

20代人妻にはクリを絡めた挿入術を使いましょう

20代人妻の8割は「クリ絶頂派」 20代人妻の性的な悦びを与える

20代人妻への愛撫術は「ソフト」が基本

ソフト愛撫はすべての年代の愛撫術のベース 年代別に人妻たちの「感

20代人妻を喜ばせるベッドでのテクニック

20代人妻は、ほめることでエッチなモードに変わる 「ホメられる・

→もっと見る


PAGE TOP ↑