*

男性ホルモンはオーケストラの指揮者

公開日: : 男性ホルモンをアップ

sasakikokone121

50代以降で急激に減少

男性ホルモンは、男性の、男としてのすべての機能の原動力であり、健康全体にとってきわめて重要な働きをしていることは、あまり知られていません。

それをひと言で言うなら、体のすべてのホルモンの動きやさらには自律神経機能をもコントロールする、いわば「男の心身の機能というオーケストラの指揮者」のような役割です。

ホルモンとは、脳の中で分泌されている神経内分泌物質も含めてのことで、心と体のバランスやコンディションを保つために、体のあちこちに情報を伝達、刺激する化学物質です。

それらの働きはオーケストラに似ていて、私たちの円滑な生理活動は現在、かなり多種類のホルモンたちが協力しあって奏でるハーモニーによって維持されています。

男性の体内オーケストラをコントロールし、常に正確で美しくしかも逞しい演奏を続けるための指揮者の役割を担っているのが、男性ホルモンなのです。性ホルモンの減少が、体や心の健康にさまざまな弊害を及ぼすことは言うまでもありません。

そのリスクが急速に高まるのが、男性ホルモンの分泌の低下が目立ち始める50代以降で、これが男性更年期障害(男性ホルモン低下症候群)です。

関連記事

できる男は、男性ホルモンが十分に分泌されている

性衝動は「男性ホルモン」が作用している ”最近、セックスをしてますか?” これは「仕事が

記事を読む

タマネギの男性ホルモンアップ作用が低下する

普通にタマネギを食べるだけではダメ 東海大学名誉教授の西村弘行先生は、タマネギの中のどんな成分

記事を読む

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男性ホルモン)が減少してホルモン

記事を読む

ホルモンは体の中でどんな働きをしているのか

ホルモンは情報伝達をし、体の活動を維持しているのですが、具体的にはどんな働きをするのでしょう

記事を読む

ソーダ水につけるだけで勃起力がアップする

ソーダ水に陰茎をつけて勃起を起こさせる PDE5は、仕事中などに不意に勃起が起こらないように安

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑