*

ED対策としてのバイアグラ

公開日: : 最終更新日:2015/12/02 EDの原因と対策, 性力アップのために

mituimayu47

バイアグラの服用も勧められる

では、実際にEDになってしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

まずは、EDを引き起こす原因を突き止め、それを解消する手段を探してみてください。

例えば、糖尿病からEDになってしまった場合でも、食事療法や運動療法によって血糖値のコントロールができるようになると、EDが改善するケースも少なくありません。

また、テストステロン (男性ホルモン)の不足からEDが起こっている場合は、その数値を計測して補充します。テストステロンの低下が起こると、体にさまざな悪影響をもたらすので、不足分を補充すればEDの解消だけではなく、より快適な生活が送れるようになるはずです。

しかし、実際にいろいろ試してみても、EDが回復しないケースもあるでしょう。そのような場合、川崎医科大学泌尿器科教授の永井敦先生はバイアグラやレビトラ、そしてシアリスなどの薬剤を患者さんに積極的に勧めています。

EDは、心筋梗塞の予兆である場合があります。バイアグラなどには、血管を若返らせる作用があるので、心筋梗塞の予防にも役立つのです。

バイアグラを上手に利用

バイアグラは、いったん使い始めたら、やめられなくなるというものではありません。薬剤の作用で血管の若返り効果が発揮されれば、陰茎へ流れ込む血流量がふえ、きちんと勃起するようになります。

性機能がしだいに高まって、自然な性生活へ移行できるようになれば、バイアグラなどに頼らなくてもよくなるでしょう。薬は、あくまでも私たちが健康的に生きるための手段ですから、ぜひ上手に利用してほしいのです。

なかには、バイアグラの副作用が心配なかたがいらっしやるかもしれません。バイアグラの副作用としては、血圧が下がる、顔がポカポカする、頭痛が起こる、ブルーヴィジョン(物が青く見える)、胃腸障害などがあります。

これを踏まえたうえで、副作用が起こったら服用しないようにしてください。

現在の日本では、EDを恥ずかしいことだと考えてしまうかたが、まだかなりいらっしゃいます。世間体を気にして、医師に相談しないまま、あきらめているのでしょう。

だれでも年を取ります。性機能が衰えるのは、ある意味自然なことなのですから、決して恥ずかしくはありません。EDを、自分の将来の健康を脅かすものとして真剣に捉えて、理解のある医師に積極的に相談されるよう、強くお願いします。

関連記事

no image

朝立ちは健康のバロメーター

性とは極めて大事なもの 近年、週刊誌などで、「死ぬまでセックス」「死ぬほどセックス」といった記

記事を読む

亜鉛が大量に含まれているカキで性力アップ

勃起機能の回復や精子の活性化に 性力を維持してED(勃起不全)を予防するために、まずお勧めした

記事を読む

射精は自律神経のコントロールに好適

射精は血管を健康に保つのに役立つ 射精には、性機能を維持する以外の効能もあります。射精時の血流

記事を読む

中高年の恋愛とセックスは攻めの養生

日々の「ときめき」が自然治癒力を高める 日本人は、ある程度の年齢を超えると、「もう私は年だから

記事を読む

男根にゴムを巻いて硬さをキープできる!

動脈硬化の影響はまずペニスに現れる! 年を取ると、だんだん朝立ちすることが少なくなってきます。

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑