*

医学界でも注目しているタマネギの男性ホルモン増加作用

kurodaarisa78

タマネギは「精のつく野菜」

東海大学名誉教授の西村弘行先生は長年、タマネギ、ネギ、ニラ、ニンニクなどのネギ属について研究してきました。なかでも最近、医学界などで注目され始めているのが、「タマネギの男性ホルモン増加作用」に関する研究です。

私がこの研究に着手したきっかけは、素朴な疑問でした。タマネギやニンニクといったネギ属は、昔から「精のつく野菜」として知られています。「精がつく」とは、すなわち、男性ホルモンの量や働きが、なんらかの形で増すということでしょう。

しかし、ネギ属に男性ホルモンを増やす作用があるかどうかという科学的な検証は行われていませんでした。

そこで、ネギ族の中でも最も身近で、日本料理はもちろん、西洋料理や中華料理などにも幅広く用いられるタマネギについて、男性ホルモンの増加作用があるかどうかを調べることにしたのです。

すると、タマネギの濃縮エキスには、確かに男性ホルモンのテストステロンを増加させる作用があることがわかってきました。

老化が進みやすい体質を持つ実験用のマウスに、タマネギの濃縮エキスの希釈液を与えて4カ月飼育し、与えなかった群と、血中の男性ホルモンの量を比較すると、タマネギエキスを与えた群では、血中の男性ホルモンの量が、与えない群の約2倍になっていました。

関連記事

「キウイ酒」を飲み始めたら全身が若返り、立派に勃起するようになった

キウイ酒を飲んだら精力が猛爆発し60歳を超えても連日セックスの体に激変した神奈川県 65歳 

記事を読む

精力つけるならヤマイモがおすすめ

まざまなテクニックを駆使しパートナーを喜ばせましょう 江戸時代の儒学者で、本草学者でもある貝原

記事を読む

性力減退を予防、改善する「モツ煮」

ライオンはおなかにまず食いつく ライオンが、インパラやシマウマなどの首に食いつき、とどめを刺し

記事を読む

ソーダ水につけるだけで勃起力がアップする

ソーダ水に陰茎をつけて勃起を起こさせる PDE5は、仕事中などに不意に勃起が起こらないように安

記事を読む

EDは生活習慣病のサイン

朝立ちが目安になる 男性ホルモンの減少による症状で、EDが気になる人も多いでしょう。EDには心

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑