*

男性ホルモン減少対策の優先順位はストレス、運動、食事

公開日: : 男性ホルモンをアップ

koseta59

40代が公私ともに最もストレスが多い

普段の生活の過ごし方によっても、ホルモン量は大きく違ってきますので、帝京大学医学部准教授の井手久満先生は積極的に指導しています。

一つは、できるだけストレスをためないことです。ストレスは男性ホルモンの大敵で、井手先生たちの調査では50代や60代より、40代のほうが男性ホルモンが低いというデータもあります。

これは男性の場合、40代が公私ともに最もストレスの多い世代だからと思われます。

具体的なストレス対策としては、ヨガや気功、座禅、趣味を持つ、あるいは仲間と語らうなど、自分に合ったストレス解消法を見つけることです。

次に、運動も大切です。運動が男性ホルモンを増やすことは、厚生労働省が高齢者を対象に行った調査研究でも明らかになっています。

男性ホルモンを減らすメタボの解消にはウォーキングなどの有酸素運動が、男性ホルモンが重要な材料となる筋肉構築にはスクワットなどの無酸素運動が向いており、両者を適度に組み合わせるのがポイントです。

関連記事

ホルモンとはなんだろう?

体内で作られて特定の器官に作用する テレビや雑誌でよくとり上げられていて、言葉は知っていても、

記事を読む

ホルモンは体の中でどんな働きをしているのか

ホルモンは情報伝達をし、体の活動を維持しているのですが、具体的にはどんな働きをするのでしょう

記事を読む

タマネギは男性ホルモンアップ以外にも、うつやメタボの対策に有効

男性ホルモンは女性にも関係がある 近年、中高年男性の男性ホルモンが減少し、性的機能の減少だけで

記事を読む

男性ホルモンとはいったい何でしょう

体だけでなく人生に影響を与える ホルモンには女性らしさ、男性らしさを作り出す「性ホルモン」があ

記事を読む

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男性ホルモン)が減少してホルモン

記事を読む

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑