*

胃腸の働きを改善させて精力を回復させる

公開日: : 性力アップに効く運動・動作

kasai29

性的に元気がない人は胃や腸がよくない

精力に効果的なツボは、前回紹介した復溜(ふくりゅう)以外にもあります。

性的に元気がない人は、胃や腸の健康状態がよくないことが多いものです。そんな場合は、胃腸の働きを改善させることが精力を回復させる近道ともなります。そこで、胃腸の働きを整えるツボも、このドライヤー療法で温めましょう。

その一つは、胃の消化能力を高めるツボ、中脘(ちゅうかん)です。これは、へその上、みぞおちとへそを結んだ線上で、ちょうどその中間に当たるところです。もう一つは、腸からの栄養の吸収を高める関元(かんげん)です。関元は、へそから下に指幅四本分下の場所です。

ドライヤーで温風を当てる場合は、中脘から関元へ風を落とすように移動させるとよいでしょう。温める時間の目安は2分以内です。

お互いに温め合えば気分も高まってくる

この2つのツボの場合は1日1回、寝る前に行うとよいでしょう。おなかを温めると、全身が温かくなるので、それだけで、かなりの快楽が得られるはずです。

さらに、お尻にも精力をアップさせるツボがあります。それが、次髎(じりょう)と中髎(ちゅうりょう)というツボです。お尻を上に向かって指でなぞると、尾骨(3~5個の骨からなる背骨のいちばん下の部分)があります。この骨の上に仙骨という平らな骨があります。この仙骨に、次髎と中髎が上下に二つずつ並んでいるのです。

ここにもドライヤーの温風を当ててみましょう。ほかのツボと同様、おおよその位置に温風が当たるようにすればけっこうです。時間は1~2分間でじゅうぶんでしょう。

パートナーのツボを温め合ううちに、気分が高まってくるという意味でも効果的です。ただし、相手のツボを温める場合は、温風を自分の手にも当てて、常に熟さを確認し、ヤケドをしないように注意してください。

関連記事

セックスでやせる!美肌になる!

肥満治療とセックス 東京台東区・よみせ通り診療所所長の佐藤桂子先生は、肥満と糖尿病治療の専門医

記事を読む

下半身の筋肉を鍛えることで勃起力が回復

肝心な性力がすっかり衰えていた 「医者の不養生」という言葉がありますが、ED(勃起不全)に関し

記事を読む

自転車での有酸素運動のおかげで20歳も年下の女性と結婚

注意してほしいのはサドルの高さ マウンテンバイククリエーターのおのざわショージさんは、50代の

記事を読む

腹筋と肛門括約筋を鍛え男女ともに性感が高まる「性カアップ体操」

女性が快感を得るには腹筋が特に重要! そもそも、男性は、自分の体に興味を持っていないものです。

記事を読む

呼吸法によって快感を高めたり中折れを防止できる

オーガズムについて間違った知識を持っている セックスで快感を覚えるのは、ペニスでもヴァギナでも

記事を読む

薬指より人差し指が長い人は温和で優しい傾向にある

家庭を守ることに適している こうした2D:4D比による傾向は、男

人さし指に比べて薬指が長い人ほど、男性ホルモン値が高い

母親の体内で男性ホルモンにどれだけさらされたか ケンブリッジ大学

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

→もっと見る


PAGE TOP ↑