*

生活習慣病の予防には男性ホルモンの維持や増加が重要

公開日: : 最終更新日:2015/09/24 男性ホルモンをアップ

hasimotomaho5

男性ホルモンは精神にも大きな影響がある

男性更年期障害というとED(性機能障害)など性的な症状を想起される人が多いでしょうが、それのみにとどまりません。男性ホルモンはあらゆる臓器・器官に関与するので、肉体はもちろん、精神にも大きな影響を及ぼします。

精神面での筆頭は、やる気や闘争心の衰えです。この分野では、興味深い研究もずいぶん見られます。

例えばロンドンの金融市場・シティで働くトレーダー(証券売買業者)を対象に男性ホルモン値と営業成績との関係を調べたところ、「もうけが大きいトレーダーは、男性ホルモン値が高い」という結果が出ました。厳しい競争社会を勝ち抜くためには、闘争心や積極性、冒険心を助長する男性ホルモンが決め手になるというわけです。

そのほか、男性更年期障害の精神症状としては、不安やイライラ、抑うつ、不眠、集中力の低下、記憶力の低下、性欲の減退などが挙げられます。

また、男性ホルモンの低下が認知症のリスクになることも、最近の研究で明らかになっています。

身体的症状としては、肥満、筋力低下、動脈硬化や心筋梗塞など心血管疾患、メタボリック症候群、EDなどが指摘されます。

メタボ防止にも男性ホルモンの維持や増加が重要

なかでも最近、研究者の間で注目を集めているのがメタボとの関係で、男性ホルモンの少ない人ほど内臓脂肪がつきやすいことが多くの研究で実証されています。これは男性ホルモンの減少が脂質の代謝バランスをくずすためと考えられています。

メタボが糖尿病や高血圧症、高脂血症を促進させ、ひいては心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気の要因となることは言うまでもありません。その意味でも、生活習慣病の予防には男性ホルモンの維持や増加が重要な要素となってくるのです。

男性ホルモンが生理的にかかわる範囲は広く、かつ複雑なので、ときには思いもよらない形で現れたりもします。

50歳を過ぎて、原因はわからないけれど、体のどこかに明らかな不調を感じている男性は、とにかく男性ホルモンの低下=男性更年期障害を疑ってみるべきでしょう。

関連記事

男性ホルモンをふやして「男性力」を回復

生活習慣病にも深くかかわっている 男性ホルモンには正常の基準値がありません。分泌量は加齢に伴っ

記事を読む

男性ホルモンをアップする食材と減少させる食材

おすすめはニンニクとタマネギ 食べ物や食べ方によっても男性ホルモンを維持したり、増やしたりする

記事を読む

タマネギの男性ホルモンアップ作用が低下する

普通にタマネギを食べるだけではダメ 東海大学名誉教授の西村弘行先生は、タマネギの中のどんな成分

記事を読む

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性ホルモン)減少の原因や減少にと

記事を読む

男性ホルモンとはいったい何でしょう

体だけでなく人生に影響を与える ホルモンには女性らしさ、男性らしさを作り出す「性ホルモン」があ

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑