*

男性ホルモンは40代から急減し男性更年期障害に

公開日: : 最終更新日:2015/09/24 男性ホルモンをアップ

asakuramina136

実態や傾向がつかみにくい

帝京大学病院泌尿器科のメンズヘルス外来は「男の人生を応援する診療科」として、現泌尿器科長の堀江重郎教授が10年前に立ち上げたものです。わが国では初の試みでした。主な診療対象はLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)。平たく言えば、最近よく話題にのぼる男性更年期障害です。

女性の更年期障害が閉経に伴う女性ホルモンの減少によって起こるのと同様、男性更年期障害も男性ホルモン(テストステロン)の低下が引き金になります。

一般的に、男性ホルモンの分泌は思春期から急激に高まり、20代でピークに。その後は年齢とともにゆるやかな下降線を描き、40~50代になると、さらに減少が日立ってきます。

男性ホルモンは精巣で作られ脳、骨髄、筋肉、心血管など、体の多くの臓器に直接作用するため、低下することによってさまざまな症状が現れてきます。これが、男性更年期障害です。

これまで、男性更年期障害が女性のそれほど注目されなかった理由は、第一に男性ホルモンの減り方が女性ホルモンのように劇的ではないこと。第二に、もともとの量や減り方に個人差がかなりあることが挙げられます。そのため、実態や傾向がつかみにくい面があったのです。

ただ、世界的に高齢化社会が進む中で、男性更年期障害の研究にも拍車がかかり、さまざまなことが明らかになるとともに、対策の重要性が強く問われるようになってきています。

関連記事

メタボリックシンドロームが男性ホルモン減少の原因に

メタボリックシンドロームが重要なワケ アンドロゲン(男性ホルモン)が低下すると内臓脂肪が増えま

記事を読む

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性ホルモン)減少の原因や減少にと

記事を読む

できる男は、男性ホルモンが十分に分泌されている

性衝動は「男性ホルモン」が作用している ”最近、セックスをしてますか?” これは「仕事が

記事を読む

男性ホルモン減少対策の優先順位はストレス、運動、食事

40代が公私ともに最もストレスが多い 普段の生活の過ごし方によっても、ホルモン量は大きく違って

記事を読む

「男らしさ」をつくる男性ホルモン

いつの間にか不調が始まる 男性ホルモンには主に、①筋肉や骨をつくるなどからだにかかわること、②

記事を読む

男性ホルモン値が高い人ほど成功している

ここぞというときに勝負に出る 判断力・決断力は、ビジネスパーソン

仕事ができる男は女にモテる

”仕事ができる男は女にモテる” これはまさに真理、だれも

できる男は、男性ホルモンが十分に分泌されている

性衝動は「男性ホルモン」が作用している ”最近、セックスをしてま

→もっと見る


PAGE TOP ↑