*

射精は自律神経のコントロールに好適

公開日: : 最終更新日:2015/09/24 性力アップのために

akiyamarina309

射精は血管を健康に保つのに役立つ

射精には、性機能を維持する以外の効能もあります。射精時の血流を調べてみると、勃起して射精に至る間に、股間部の血液循環が飛躍的に高まります。この際、前立腺へ通じる骨盤内の動脈、及び、静脈の血液循環も大いに促進されます。

つまり、骨盤内という局所に限定しても、射精をくり返すことで、血管の収縮性を高め、血管を健康に保つのに役立つのです。

さらに、射精には、もう一つの注目すべき役割があります。

ストレス社会に暮らしている私たちは、交感神経が緊張した状態が過剰に長く続いています。疲れがたまってくると、男性はエロチックなものが見たくなるものですが、これは極めて自然な反応なのです。

勃起が起こるためには、副交感神経が働き、リラックスした状態でなければなりません。つまり、疲れがたまって休息したいからこそ、交感神経の緊張を解く必要が自然に起こってくるのです。

そして、性的な興奮を感じているときには、副交感神経が働いて勃起が起こります。さらに、射精が起こるとき、今度は一転して交感神経が緊張。血圧が上昇して脈拍も上がり、ついには射精が起こります。

つまり、性的興奮→勃起→射精に至るこの過程は、副交感神経と交感神経を切り替える訓練ともなるのです。この点でいえば、射精は、自律神経のコントロールに役立つといってもいいでしょう。

射精は体にいいことばかり

このような多くの利点があるわけですから、健康な男性であれば、射精をすることが体に悪影響を及ぼすことはありません。要するに、射精は、体にいいことばかりなのです。だからこそ、私は皆さんに射精をお勧めしているわけです。

ただし、私が勧めているのは射精であって、浮気や風俗通いを推奨しているわけではありません。パートナーがいらっしやるかたなら、できるだけ豊かな性生活を実践することが理想です。

また、パートナーがいないかた、あるいはパートナーが性生活を望まない場合などは、代替法としてマスターベーションを実践しましょう。

アメリカの権威ある学術誌に掲載された論文では、心筋梗塞の予防のためには、週2回以上のセックス、つまり射精が奨励されています。それを一つの目安とし、健康法の一つとして射精をしてください。

関連記事

前立腺肥大がひどくなるとEDも悪化する

前立腺肥大症になっているおそれが この記事をご覧になっている男性の皆さん、次のような症状に心当

記事を読む

短小でも早漏でも女性を満足させる体位を人気AV男優がご紹介

女性を確実に昇天させる体位「ヨシムラ」 皆様、始めまして。AV男優の吉村卓です。私の名前はご存

記事を読む

セックスレス解消のために活用した健康雑誌に感謝

『壮快Z』を参考にセックスレス解消に励む 私たち夫婦は、結婚生活30年めを迎えますが、現在も週

記事を読む

男性ホルモン減少で起きる症状:男性更年期障害

年のせいと思われがちだが実は男性にも更年期障害あり 40~60歳代に起こるアンドロゲン(男性ホ

記事を読む

ペニスが硬くならないと悩んでいる人でも、挿入が可能になる方法

  不埒なエロじじいのほうが確実に長生き! 100歳を超えた人に、長寿の秘訣を

記事を読む

年齢とともに性交回数は減っていく

性機能を正確に調べるというのは非常に難しい 勃起を自動的に記録す

男性更年期障害の診断を勃起力で調べる

勃起の状態が年齢とともに悪くなってくる 午前8時から11時の間に

加齢に伴う精巣機能の変化で男性ホルモンが出せなくなっていく

すぐ役立つような男性ホルモンが減っていく 正常の精子は、右下がり

→もっと見る


PAGE TOP ↑