*

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候群。診断・治療を受けるには、いったい何科の病院に行けばよく、どのような治療をするのでしょうか。 LOH症候群(男性ホルモン:

続きを見る

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性ホルモン)減少の原因や減少にともなう症状を知ったら、実際に自分のアンドロゲン量は大丈夫か確認してみましょう。 LOH症候群(

続きを見る

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男性ホルモン)が減少してホルモンのバランスがくずれると、いったいどのような影響が出てくるのでしょうか。 「なんだかやる気が出な

続きを見る

男性ホルモンの数はなぜ減少するのでしょう

ストレスに侵される現代の日本男児 男性ホルモン・テストステロン量は20歳代をピークに減少していきます。その原因には何があるのでしょうか。 現代はストレス過多の時代。どの人も多かれ少なかれス

続きを見る

男性ホルモンとはいったい何でしょう

体だけでなく人生に影響を与える ホルモンには女性らしさ、男性らしさを作り出す「性ホルモン」があります。男性の性ホルモンはどんな働きがあるのでしょうか。 アンドロゲン(男性ホルモンのこと)の

続きを見る

ホルモンは体の中でどんな働きをしているのか

ホルモンは情報伝達をし、体の活動を維持しているのですが、具体的にはどんな働きをするのでしょうか。 ホルモンは、自分の意思で分泌するよう働きかけられません。たとえば、食事をすれば、自然に消

続きを見る

ホルモンとはなんだろう?

体内で作られて特定の器官に作用する テレビや雑誌でよくとり上げられていて、言葉は知っていても、「ホルモン」とは何ものか知っていますか。 ホルモンは体内で分泌される化学物質で、体の各器官がス

続きを見る

週2回の射精が心筋梗塞や脳卒中の予防にも役立つ

古い精液を排出すればガン細胞化を予防できる さて、ここまで前立腺肥大症の治療薬についてお話ししてきましたが、そもそも、そうなる前に予防に努めることが重要です。泌尿器科の専門医として、前立腺肥大の

続きを見る

週2回の射精で血流障害を防ぐ

勃起改善薬と前立腺肥大症の治療薬は全く同じ成分 通常であれば、1日当たりの平均排尿回数は5~6回ですが、もし8回以上になっているようなら、前立腺肥大を疑ってみる必要があるでしょう。特に、夜間に何

続きを見る

前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

1日に8回以上排尿する人は要注意! 中高年以降の男性の皆さんにとって、「前立腺肥大症」という病名は、大変気になるものでしょう。 この前立腺肥大症は、50代以降の男性の2割以上がかかっている

続きを見る

LOH症候群の治療はどのように行われるのか

専門にしている病院がまだまだ少ない あまりなじみのないLOH症候

あなたの男性ホルモンは足りているのだろうか?

男性ホルモン減少の兆候に早く気づくことが大切 アンドロゲン(男性

男性ホルモンが減るとどうなるのか

不調こそがアンドロゲンの減少によって起きる病状 アンドロゲン(男

→もっと見る


PAGE TOP ↑